【あれ何て名前?】身近だけど知らないアイテムの名前大公開!

「※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。」

こんにちは、まっしーです。

私たちの周りにあるけれど、その名前を知らないかもしれないという物って結構ありませんか?

今回はそんな身近なアイテムをご紹介します。

これらのアイテムの名前を知ることで、日常が少し豊かになるかもしれませんよ!

1. バッグ・クロージャー(食品袋の留め具)

バッグ・クロージャーは、食パンの袋などを密閉するために使われるプラスチック製の留め具です。フロイド・パクストンによって発明され、日常生活で非常に便利なアイテムです。

2. アグレット

アグレットは、靴紐やコードの先端に付けられる小さなプラスチックや金属製の覆いです。フランス語の「aiguillette」(小さな針)に由来するこの部品は、紐のほつれを防ぎます。

3. フェルール(石突) - 傘の先端の部品

フェルール(石突)は、傘の先端にある小さなカバーです。これは傘の先端を保護し、床や他の物に引っかかるのを防ぐ役割を果たします。

露先(つゆさき)

露先とは、傘の布と骨が結び付けられている部分のことを指します。具体的には、「雨露(あめつゆ)が骨に沿って落ちていく先端」という意味合いがあり、傘を開いた状態で見ると、傘の布の端、すなわち傘の骨の先端に布が固定されている点です。

このように、私たちの日常には目にすることはあっても、その名前や機能を知らないアイテムがたくさんあります。これらのアイテムの知識を身につけることで、日常生活に新たな興味と知識を加えることができるでしょう。日常の物事への理解を深め、生活をより豊かにすることが可能です。

まっしーでした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事