【衝撃!】静かな歩みからの進化!スニーカーの名前の由来とは?

「※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。」

こんにちは、まっしーです。

「スニーカーの名前の由来ってなんだろう?」と思った事ありませんか?

ということで、今回はスニーカーにまつわる、ちょっとした雑学をお伝えしようと思います。

スニーカーの起源とその意味

スニーカーという言葉は、19世紀後半のアメリカで生まれました。この言葉は、ゴム底の靴が静かに歩くことができることから「sneak(こっそり歩く)」という動詞から派生しました。最初のスニーカーは1892年にアメリカのU.S. Rubber Companyによって作られ、ゴム底の靴は「Keds」と呼ばれました。これらの靴は、静かに歩けることから特に盗賊に人気があり、彼らがひそかに動くことを可能にしたと言われています。

スニーカーの進化

1900年代初頭になると、スニーカーはスポーツ選手にも人気を博し始めました。特にバスケットボール選手の間で支持を集め、1917年にはコンバース社がバスケットボール用のスニーカー「オールスター」を発売しました。これは、スニーカーが単なる日常着の靴からスポーツウェアへとその地位を確立した重要な時期でした。

スニーカーカルチャーの形成

スニーカーカルチャーは、1980年代にヒップホップ文化と結びつき、急速に広まりました。アディダス社の「スーパースター」やナイキの「エアジョーダン」など、特定のモデルがカルチャーアイコンとして高い人気を誇りました。この時期、スニーカーは単なるファッションアイテムを超え、自己表現の手段となりました。

現代のスニーカーブーム

今日、スニーカーは世界中で広く愛用されています。機能性とファッション性を兼ね備えた多様なデザインが登場しており、スポーツ選手だけでなく、ファッション愛好者や日常のカジュアルウェアとしても人気です。また、持続可能性への関心の高まりとともに、環境に優しい素材を使用したスニーカーも注目されています。

スニーカーへの社会的影響

スニーカーは、ファッション、スポーツ、文化の枠を超え、社会に大きな影響を与えてきました。それは単なる履物ではなく、個々人のアイデンティティや時代のトレンドを映し出す鏡のような存在です。スニーカーは、私たちの生活様式や文化的価値観に深く根ざしており、今後もその進化が注目されます。

X(旧Twitter)上の反応:

  1. "スニーカーの歴史を知って、今履いているこれがもっと特別に感じるようになった! #スニーカー愛"
  2. "昔は盗賊の靴だったスニーカーが、今やファッションの主役って驚き! #スニーカーカルチャー"
  3. "エコフレンドリーなスニーカーが増えてるのは嬉しい!次はどんなデザインが出るかな? #サステナブルファッション"

いかがでしたか?

言われてみれば確かにスニークだ!となった方はおそらく某ゲームをやったり、配信を見たりした人だと思います。笑

次回の雑学も考えていますので楽しみにしていてくださいね。

まっしーでした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事