【驚き!】サングラスの名前の秘密と歴史

「※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。」

こんにちは、まっしーです。

ファッションと機能の融合に興味がある皆さん!今日は、私たちの日常に欠かせないアイテム「サングラス」の興味深い歴史についてお話しします。

サングラスの始まり

サングラスの歴史は意外にも古く、12世紀の中国にその起源を見ることができます。当時は、法廷での審問時に裁判官が表情を隠すために着用されていました。しかし、現代のサングラスとは異なり、当時のサングラスは太陽から目を守る機能はありませんでした。

太陽からの保護

サングラスが太陽の光から目を保護するアイテムとして進化したのは、18世紀のイギリスです。この時期には、眼鏡を通じて太陽の光を減らすために色付きのレンズが使用され始めました。これが、今日の「サン(太陽)グラス」という名前の由来です。

ファッションとしてのサングラス

20世紀に入ると、サングラスはファッションのアイテムとしても人気を集め始めました。映画スターや有名人が公の場でサングラスを着用することが増え、それが大衆に広まりました。こうしてサングラスは、単なる実用品からスタイルを表現するアクセサリーへと変わっていきました。

現代のサングラス

現代では、サングラスは多様なスタイルとデザインが登場しています。ファッションのアクセサリーとしてだけでなく、スポーツやアウトドア活動での必需品としてもその地位を確立しています。最新の技術を駆使した高機能サングラスも登場し、より快適で実用的なものとなっています。

サングラスは時代とともに進化し続けており、その歴史は私たちの文化やライフスタイルの変化を映し出しています。単なる太陽からの保護という機能を超えて、ファッションと個性を表現する手段としても重要な役割を果たしています。

それでは、サングラスについての雑学楽しんでいただけましたか?

次回もまた、新しい話題でお会いしましょう。

まっしーでした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事