カナダグースは真冬の最強アウター❕❕❕

真冬のアウターは暖かさも人気も抜群なCANADA GOOSE(カナダグース)で決まり❕

どーも、マジ〰です❕

今年は暖冬と言われていますが、冬は冬⛄

寒いことには変わりありません😣

そんな寒さ知らずなアウターがあるんです🙌

それはCANADA GOOSE(カナダグース)👍

製品によってそれぞれ”体感指数”を設けており、自分のライフスタイルに合ったものを選べるところがポイント。 


レジャーは勿論、本格派ダウンブランドながら、トレンド要素が詰まったスタイリッシュなデザインが良いですね✨

カナダグースとは、
1957年カナダのトロントで生まれたブランド。 
南極探検隊やカナダ・ナショナル山岳レスキューチームでの公式採用され、極寒地に生息する生物を追うカメラマンなど数々の場で愛用されています。その圧倒的な防寒力の高さとクオリティーは、多くのプロフェッショナルから支持されています💡

なので、日本の寒さ位なら問題無いのです👍

カナダグースの拘りにも惚れてしまう点👍

①近年のアウトドアブランドのみならず、アパレルブランドの生産拠点をコストダウンを理由に、アジアや他国に移す中、カナダグースはMADE IN CANADAに拘っている💡

②フード部分に装着されている、コヨーテファーはデザインでもあるが、吹雪や冷たい風が直接顔に吹き付けるのをフードの縁に付けられたファーは、風を遮断して暖かい空気の流れを作り、顔を凍傷から守ってくれます。また、雪を落としやすい特性をもつことから、コヨーテのファーが採用されています💡

③ダウンは、検査機関による検査に合格し、カナダおよび世界各国の衛生基準をクリアした低刺激性のダウンを使用しています。カナダグースのすべてのダウンブレンドには、入手できるカナダ産ダウンの中で最高の品質と保温性を誇るハテライトダウン(コロニアルダウン)という、ダックダウンが含まれています💡

カナダグースには、ブラックラベルとコラボ商品が存在する❕

まず、ブラックラベルとは💡

カナダグースのトレードマークであるブランドラベルは赤青白色のトリコロールカラーですが、中にはブラックラベルというものがあります。

これは別注モデルで、カナダグース社の正規代理店や取扱店が特別にオーダーしたものになります。

カナダグースのモデルとはデザインや生地を変えているものがあり、限定生産の為、流通も少なく、短期間で完売してしまう物があります😣

画像は女性物ですが、勿論男性用もございます❕

コラボ商品はコム・デ・ギャルソン ジュンヤワタナベマン💡

ナダ出身のラッパー、Drakeが手掛けるストリートブランド
October’s Very Own (オクトーバーズベリーオウン)のコラボレーションジャケット💡

2年前に東京に直営店が出来、オンラインストアもございます❕

全国のセレクトショップにはカナダグース取り扱い店舗もかなり多くなってきています💡

多種デザインのアウター~小物、毎年増えるカラーバリエーション、サイズ感をお近くのお店、オンラインショッピングで確認して是非ゲットし、この寒さをカッコ良く、オシャレに受け流したいですね👍

マジ〰でした❕

CANADA GOOSE カナダグース CHATEAU PARKA FUSION FIT 3426MA 日本正規品【アウトドア/ファーフード/ジャケット/アウター/メンズ】【2018秋冬新作】 【highball】

価格:102,600円
(2019/2/17 21:50時点)
感想(2件)

[Rakuten BRAND AVENUE]CANADA GOOSE / OLYMPIA beams raybeams ビームス レイビームス レディース カナダグース ダウン ブラック ロング アウター ファーフード【送料無料】

価格:120,960円
(2019/2/17 21:53時点)

10,000円以上の特別な特典をプレゼント

ファッションサイト「Sup's」の無料メルマガを読んでみませんか?メール購読に1つデメリットをあげるならば、毎日メールがくることですが、メリットが上回ってしまうので購読するしかありません。
・メリット1
なぜ私がファッションサイト「Sup,s」を運営しているのか、そしてそれに対する利益はどうなっているのかをお伝えします。
・メリット2
今からサイト運営を始めても月々200,000円以上など本当に稼げるのか?稼いでいる人がたくさんいるが本当にWebサイト運営は儲かるのか?などインターネットで稼いでいる人たちの本当の目的、表のサイトでは話せない裏話をお伝えします。
・メリット3
Sup'sのサイトから無料メルマガに登録してくれた方全員に、10,000円で販売している特典を3つプレゼント中!
購読は下のボタンをタップしてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事